女性のコンジローマと伝染性のウイルス

女性がコンジローマに感染した場合には自覚症状はほとんどありませんが、性器の周辺にイボができて痛みや痒みが強いので、それによって気がつく場合が多くあります。コンジローマのイボは摩擦によって破れやすいので下着などに出血をして異変に気がつく場合もあります。またコンジローマ伝染性のウイルスなので二次感染を起こすリスクが非常に高いので、早めに対処をしないと一緒に生活をしている家族に感染することもあります。女性が伝染性のウイルス症候群になった場合には子宮や尿道、膀胱内にウイルスが侵入することが多いので、コンジローマの感染が確認できた場合には全身の粘膜を検査しておく必要があります。一般的に女性の場合には性器の周辺にコンジローマのイボができることが多いので、セックスをしている時にパートナーから指摘されたり、ジーンズのような生地のズボンの摩擦で出血をして気がつく場合がありますが、定期的に検査をして早期に発見することが重要で、この伝染性のウイルスは接触しないと感染しませんが、イボに触れると増えていくので症状があまり出ていないときに治療をすることで治療期間を短くするためには必要です。コンジローマは再発率が非常に高いので、外科的な方法で切除しても2割近い患者が再発します。また治療のために使用される軟膏は作用が非常に強いので副作用が多いとされているので、コンジローマによるイボが小さくて少ない時に完治させることが重要です。またコンジローマは悪性化することがあるのでその場合には子宮頸がんなどになるリスクが高まります。ほとんどの場合は自然治癒をしたり、消失してしまうので無意識に感染を広めてしまうことが多い感染症です。