コンジローマとカンジタが口臭を悪化させる

口臭の中にはカンジタ症性口臭というものがあります。カンジダは性器に痒みをもたらしたりおりものの量を増やしたりする性感染症です。カンジタという真菌の一種が性器に感染することでこれらの症状が引き起こされます。元々は常在菌なので、健康な人の体内では免疫システムによって増殖が抑えられています。しかしホルモンバランスの変化や体調不良などがウイルスの増殖を許してしまうと症状が現れます。そしてカンジタは口の中にも存在しており、口腔カンジタ症を引き起こすことがあります。免疫力が低い高齢者や新生児、別の疾患で免疫抑制剤やステロイド剤を長期間服用している人が主に感染します。また乳幼児は口によく物を入れますが、それが清潔でないことも発症の原因です。口腔カンジタ症では、白苔というミルクのカスのような塊が頬の内側や顎の裏、舌の粘膜に付着します。これが口内炎などと組み合わさって口臭の原因になっている可能性があります。かつてカンジタ菌が歯周病の病原菌であるという報道がありました。この見解には賛否両論あり、それぞれの立場で有益な情報が出ないので解決していません。しかし感染症にならないようにするためには、口腔内を健康に保つことが一番です。自己判断で殺菌効果があるとされる薬を服用することは好ましくありません。一般的に口腔カンジタでは経過観察で治療が進みます。しかし潰瘍化して症状が悪化した時は、細菌を殺すための抗真菌薬を用います。さらにコンジローマは口内炎があると発症しやすくなります。コンジローマが口腔内にできることは少ないですが、カンジタとともに口臭を悪化させる可能性があります。もしコンジローマが見つかった場合は、医師の診察を受けて適切な抗生物質を処方してもらいます。